さえない平凡な元派遣社員男がアフィリエイトをやった結果、時給が800円⇒1万円になったブログ。

給料安い!安定してない!結婚できない!そんな糞面白くもない状況から抜け出すためにアフィリエイトをやった結果、自由と安定を手に入れたので悠々自適な生活を満喫中

web制作

WordPress(ワードプレス)でHTTP ERROR 500エラーが出た場合の解決方法

投稿日:2017年9月9日 更新日:

ワードプレスを使っていて、いきなりサイトが表示されなくなったことはありませんか?

今回は500エラーが表示され、サイトを見ることができなくなった場合の解決方法を紹介したいと思います

スポンサーリンク

 

ワードプレスでHTTP ERROR 500エラーが出る

 

FTPを利用したり、または直接ワードプレスをいじった後に「ページが表示できない」等のエラーメッセージが出てくることがあります

 

ワードプレス 500エラー

 

 

このエラーが出た場合は、ワードプレスやサーバーの設定が間違っている可能性が高いです

 

この場合考えられること

 

  • サーバーの「.htaccess」に問題がある
  • テーマ、プラグイン、wordpress本体の更新、導入に問題がある

 

この2つです

 

.htaccessに問題があるケース

.htaccessはサーバーとの接続の時に用いるデータです。

FTPを利用すると参照することができますので、サイトに入れなくとも問題ありません。

.htaccessの記述を間違えると、500エラーとなってサイトに入ることができなくなりますので、これが原因の場合は正しく書き直す必要があります。

メモ帳でもなんでもいいのでテキストファイルに以下の分をコピペします

 

# BEGIN WordPress

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]

# END WordPress

 

 

出来たら、以下の決まりを守って保存するだけです

 

  • ファイル名を「.htaccess」にする
  • ファイルの種類を「すべてのファイル」にする
  • 文字コードの型式を「UTF-8」にする

 

.txtという拡張子が入る場合はエクスプローラーの「表示タブ」から「ファイルの拡張子を表示する」のチェックを外しましょう

 

 

後は、この出来上がったファイルをFTPでサーバーに送るだけです。FTPで送る際は「public_html」に送りましょう

 

.htaccessが原因でHTTP ERROR 500エラーが出た場合はこの方法で解決します

 

テーマ、プラグイン、wordpress本体の更新、導入に問題があるケース

 

テーマやプラグイン、ワードプレス本体を更新した瞬間にエラーが起こることがあります。

こうなるとなかなか面倒くさいことになるので、ワードプレス関連の更新は不用意に行わないことをお勧めします。

更新するときはバックアップを用意しておくのがベターです

 

500エラーの原因を解明する

何か一つを更新して、500エラーが出た場合はすぐに原因がわかりますが、二つ同時にやっちゃったときは原因を解明しなければなりません。

 

プラグインが原因だと疑われる場合、FTPを使って「plugins」ファイルをリネームするといいです。

plugins⇒plugins00

 

リネームは適当でいいです。これでなおったらプラグインが問題だったということになります。

 

私の場合はプラグインが原因でした。

FTPで大量のプラグインのファイルを転送、削除していたら500エラーになりました

大量の削除ができないところを無理したのでエラーが起こりました。少量ずつやっていくことが必要だったようです

 

プラグインが問題の場合は「プラグインの停止、削除」が原則です。

リネームした後はサイトに入れるようになるので、また「plugins」に再リネームするとプラグインの変更ができるようになると思います。

 

テーマの場合も同様で、「themes」のファイルをリネームしてみましょう。治ったらテーマが原因です

 

これらのどれでもない場合、Wordpress本体の更新が影響している可能性があります

 

WordPress(ワードプレス)本体が問題の時

 

ワードプレスの更新が原因の場合、旧ワードプレスにダウングレードする必要があります。

⇒公式Wordpress配布サイト

 

旧バージョンをダウンロードしましょう。最新のブランチの一個前のブランチを使ってください

 

後はFTPで「public_html」に入って、問題を起こしているファイルを削除して終了です

 

 

 

ここで大切なことがあります

以下のファイルは削除しないようにしましょう

  • .htaccess
  • wp-contentフォルダ
  • wp-config.php
  • 自分がアップロードした画像や音声、動画など

 

これらのファイルは重要なものとなります。サイトの核とも言える部分ですので誤って削除しないようにしましょう

 

バックアップを取ってから作業することをお勧めします

 

削除対象となるのは以下のファイルたちです

wp-includes
wp-admin

xmrpc.php
wp-trackback.php
wp-signup.php
wp-settings.php
wp-mail.php
wp-login.php
wp-load.php
wp-links-opml.php
wp-cron.php
wp-config-sample.php
wp-comments-post.php
wp-blog-header.php
wp-activate.php
readme.html
readme-ja.html
licence.txt
index.php

 

 

いっぺんに削除することができないFTPソフトなら、少量ずつ地道に削除してください。

 

最後に転送します

 

ダウンロードした旧ワードプレスを解凍して、

  • wp-config.php
  • wp-contentフォルダ

のファイルを削除します。

 

後は、さっきの「public_html」にすべて転送したら終了です

 

まとめ

 

以上が

 

WordPress(ワードプレス)でHTTP ERROR 500エラーが出た場合の解決方法になります

  • ワードプレス関連のダウングレード
  • .htaccessを正しく治すこと

が主な解決方法になります

 

突然ログインできなくなってしまうと、焦ると思いますが原因は必ずあります。焦らずに解決策を探すことが重要です。

ワードプレス関連の更新、ファイルの書き換えなどをするときはバックアップをとるか、不用意に更新しないことが必要です。

 

ちょっとした設定ミスで、入れなくなったりしますので何か変更を加えるときは注意しましょう。

スポンサーリンク

-web制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Plugin NOT upgraded properly. Please reactivate the pluginというエラーを解決した

wordpressのプラグイン「wordpress ping optimizer」で下記エラーを解決しました Plugin NOT upgraded properly. Please reactiva …

アフィリエイトで稼ぐためにGoogle adsenseの効果的な貼り方、広告タイプの選び方

アフィリエイトで稼ぐ、アドセンス、広告タイプは? 貼り方、位置も大事! スポンサーリンク

Googleアドセンス停止喰らった!?代わりのクリック広告教えます

Googleアドセンス以外のクリック広告! オススメは?? スポンサーリンク

【2018年度版】 WordPress Ping Optimizerの設定と使い方

この記事ではWordPress Ping Optimizerの設定と使い方を紹介します。WordPress Ping OptimizerはWordPressプラグインの一つです。 スポンサーリンク

アダルトOK。アダルトサイトを運営したい時にオススメのレンタルサーバー

アダルトサイト運営OKなレンタルサーバーをご紹介します。国内国外問わず、アダルトサイト運営にオススメなレンタルサーバーを利用してください スポンサーリンク